ブラウザのキャッシュを削除(クリア)にする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ブラウザのキャッシュをクリアにする方法

ホームページ制作会社から修正終わりましたと連絡があった時、画面が古いまま。更新ができてない。ってよく思われますが、この場合、ブラウザに古いデータキャッシュが残っている可能性が高いです。
今回ブラウザのキャッシュを削除し、閲覧する方法をご案内致します。

そもそもブラウザのキャッシュとは

まず、Google Chrome、Mozilla Firefox、Safari、Internet Explorerなどのウェブブラウザは、インターネット上にある情報を取得・閲覧するソフトウェアアプリケーションといいます。

ウェブブラウザのキャッシュとは、一度アクセスしたサイトのデータ(画像やHTML、CSSなど)をブラウザで一時的に保持する仕組みで、データを保管しておくとページの表示を高速化することができます。
その為、ページを開いた際、古いデータ、更新前のデータが表示されることになります。

ブラウザのキャッシュを消して再読込

Windows ブラウザの場合

キーボードの
Ctrl + F5キー(更新ボタン)

MAC ブラウザの場合

Command + R
もしくは
Command + Shift + R

これでもだめな場合は下記を行ってください。

ブラウザのキャッシュ削除(クリア)方法

Windows ブラウザの場合

Internet Explorer

  1. Internet Explorer を起動し、ツールアイコンからインターネットオプション を選択します。
  2. インターネットオプションウィンドウが表示されたら、全般タブの「閲覧の履歴」セクションで「削除」ボタンをクリックします。
  3. 問題の履歴の削除 ウィンドウで、「お気に入り Web サイトデータを保持する」以外のオプションのチェックを入れ、「削除」ボタンをクリックします。
  4. インターネットオプション ウィンドウに戻ります。「OK」をクリックしてウィンドウを閉じます。

Microsoft Edge

  1. Microsoft Edge を起動します。
  2. 画面右上のハブをクリックし、履歴タブを選択し、「すべての履歴をクリア」をクリックします。
  3. 閲覧データの消去 ウィンドウで、以下の操作を行います。
  4. 「キャッシュされたデータとファイル」にチェックを入れます。
  5. ※その他の項目も必要に応じてチェックを入れてください。
  6. 「クリア」ボタンをクリックします。

Mozilla Firefox

  1. Firefox を起動し、履歴/最近の履歴を消去 を選択します。
  2. すべての履歴を消去 ウィンドウで、以下の操作を行います。
  3. 「消去する履歴の期間」で「すべての履歴」を選択します。
  4. 「消去する項目」左横の矢印をクリックして項目を表示し、「キャッシュ」にチェックを入れます。

  5. 「閲覧履歴データを消去する」ボタンをクリックします。

Google Chrome

  1. Chrome を起動し、ウィンドウ右上の「Google Chrome の設定」ボタン/履歴と最近使ったタブ/履歴 を選択します。
  2. 履歴が表示されたら、ウィンドウ上部にある「閲覧履歴データの消去」ボタンをクリックします。
  3. 閲覧履歴データを消去する ウィンドウが表示されたら、以下の操作を行います。
  4. 「次の期間のアイテムを消去」で「すべて」を選択します。
  5. 「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを入れます。

  6. 「閲覧履歴データを消去する」ボタンをクリックします。

Macブラウザの場合

Safari

  1. Safari を起動し、Safari メニュー/環境設定 を選択します。
  2. ウィンドウが表示されたら、詳細タブを選択し、ウィンドウ下部の「メニューバーに”開発”メニューを表示」にチェックをします。
  3. 開発メニュー/キャッシュを空にする を選択します。

ホームページ修正後の確認はキャッシュを消して確認を!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る