WEBの制作費の内訳を考えてみた。制作費用に掛かるお金。まとめ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
WEB制作費用

WEB制作費用についてお見積を提出するといつもお客さんから「高いね。」「安いね。」
と返答はまちまち。今では無料でも作れるWEBサイト(ホームページ)を作れる時代です。無料で作れる部分もありますが、WEB制作会社に頼んだ時に掛かるのは基本的にかかるのは人件費。
ゼロから作った時の内訳について考えてみました。

サイト制作時に発生する費用

WEB制作 見積書
ざっくりいくとこんな感じです。
細かく分けると色々ありますが、一般的な項目になります。

各項目、原価として必要なものは人件費となります。

  • ディレクション費
  • デザイン制作費
  • TOPページコーディング費
  • その他ページコーディング費
  • プログラム構築費
  • ブラウザチェック費

よくあるWEB制作費見積

会社によって異なることはあるかと思いますが、下記なようなものが多いです。
コーディング費は、TOPページとその他ページと異なり工数が通常よりことなるため、金額は高くなります。
プログラム構築費は、システムによって異なりますが、ブログ更新システム(WordPress)で各ページ簡単な更新ができるイメージです。

想定しているホームページのご要望

  • パソコン・タブレット・スマートフォン対応
  • 10ページぐらいのホームページ
  • オリジナルデザイン
  • ホームページを更新できるシステムが欲しい

見積イメージ

項目 項目 単価
ディレクション費 8日 40,000円 320,000円
デザイン制作費 6日 40,000円 240,000円
TOPページコーディング費 1 P 40,000円 40,000円
その他ページコーディング費 10 P 20,000円 200,000円
プログラム構築費 3日 40,000円 120,000円
ブラウザチェック費 2日 40,000円 80,000円
合計 1,000,000円

見積項目のご説明

ディレクション費

WEB制作 ディレクション
ディレクション費は、ディレクターの稼働する費用になります。
制作をおこなう際には、ヒアリング、提案書の作成などいろいろな作業があり、制作のはじめから公開まで担当します。

箇条書きにすると・・・・。

  • 打ち合わせ(ヒアリング)
  • 資料の作成
  • コンセプト設計
  • 仕様のまとめ
  • 制作進行管理(デザイナー、コーダー、プログラマーへの指示)

一番値引きされやすい部分ですが、品質の管理など需要な部分です。

デザイン制作費

WEBデザイン費
ホームページをデザインする費用になります。

  • UI/UX設計・画面設計書の作成
  • ベース(トップ)デザインの制作
  • 下層デザインの制作
  • ロゴの制作
  • イラストの作成

コーディング費

WEB制作 コーディング
デザインをしただけではホームページの構築となりません。
クリックできるようにするにはコーディングという作業が必要になります。

  • システム設計
  • HTMLマークアップの実装
  • CSS実装
  • JavaScript実装

プログラム構築費

プログラム設計・開発必要となります。更新プログラムなど、お客さんが頻繁に使うものについては、
更新のしやすさなども考慮して開発を行います。

  • システム設計
  • HTMLマークアップの実装
  • CSS実装
  • JavaScript実装

ブラウザチェック費

構築が完了したタイミングで、ブラウザチェックを行います。制作したWebサイトが正常に動いているか確認します。
ブラウザチェック完了後、納品の流れになります。

まとめ

今回ざっくりと書き出しましたが、
改めて書き出すとものすごい項目になりますね。

作業的にはもっと細かな項目がありますが、ご参考にいただければと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る