QRコードの名称には商標権があり使用には注意書きが必要だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
QRコード

あまりWEBをやっているとQRコードをイメージで使うことはあっても、言葉を書くことは少ないのですが、「QRコード」を商標権が取られており、使用には注意が必要です。
※QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。

「QRコード」とは

「QRコード」とは、1994年に(株)デンソーウェーブが開発した二次元コードの一種です。
QRコードは、もともと自動車部品工場などでの利用を念頭に開発されたため、コードの一部が汚れたり破損したりしても、データを復元できる優れた機能を持っています。

今だとどこにでもありますね。

名称として「QRコード」と表記する場合の注意点

「QRコード」は一般名ではなくて、(株)デンソーウェーブの登録商標となっております。
そのため。サイトなどに「QRコード」と表記するときは、「QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です」という一文を記載しないといけません。

詳しくは下記御覧ください。
http://www.qrcode.com/faq.html

「QRコード」のイメージ(二次元コード)で利用する場合の注意点

QRコードを作成するサイトは無数にありますが、QRコード内に文字や画像を重ねたりすることもあるかもしれません。
そんな時も注意が必要です。

QRコードにイラストを重ねたり、デザインを乗せるということは、QRコードの規格から外れ、QRコードではないものとなってしまう
可能性があり、特許の侵害になる場合があります。

ただ文字や画像を重ね合わせても読み取りは可能

ややこしいですが、QRコード画像をホームページのデザインとして利用される想定で、重ね合わせを可能。

QRコードに文字や画像を重ねた画像は、QRコードとしてではなく、デザインとして使うものはOKです。


商標や特許がありそうなものは使用する時は注意

知識不足で知らぬ間に特許侵害・・・。ってのは非常に怖いですね。
物(サイトなど)を作るのには、やはり幅広い知識が必要ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る