夢をもって仮想通貨「ぺぺキャッシュ(PEPECASH)」を買ってみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Zaif(ザイフ) 

まだ数円で買える仮想通貨「ぺぺキャッシュ(通所:ペペ)」があったので買ってみました。
完全にいろいろな仮想通貨に乗り遅れて今更ですが、取引所「Zaif」に登録して買ってみました。早めに始めてる友人などが稼げたとか話を聞いてどうしても手を出したくなりました。

WEBをやってる関係上、仮想通貨の基礎知識はあったが、現実に存在しないお金。みたいな感じでなかなか手を出してなかった。
今後は世界の共通のお金にもなりかねないので、勉強含め買ってみました。

仮想通貨「ぺぺキャッシュ(PEPECASH)」とは。

ぺぺキャッシュ(PEPECASH)
PEPECASH(ぺぺキャッシュ)とは、緑のカエルがトレンドマークの仮想通貨(暗号通貨)でアルトコインの仲間です。
※「アルトコイン」という用語は、日本語で「代替コイン」と呼ばれ、英語の「Alternative(代わりの)」+ 「Coin(通貨)」を組み合わせた言葉の略のようです。

PEPECASH(ぺぺキャッシュ)は、海外匿名掲示板である「4ちゃんねる(日本だと2ちゃんねる)」で、Counterparty(カウンターパーティ)というビットコインのブロックチェーンのプラットフォーム上で生み出されたXCPを元に作られた独自トークンとなります。

※ぺぺキャッシュは「Zaif」でしか取引されてません。
※zaifは仮想通貨を買える取引所(換金所)のような物です。

ぺぺキャッシュの価格(2017年12月19日 00:47)

1コインの価格 15.2円です。
まだ安い。100コイン買っても約1500円程度。
※2017年4月では1円程度でした。今となると15倍にもなってる。

価格の推移はグラフで出しておきます。

PEPECASH(ぺぺキャッシュ)のメリット

価格が安い

今のうちに購入しておけば、将来的に大幅な利益を出すことができるかも。
ビットコインには追いつけないと思いますが。。。

Zaifのみしか扱っていない

国内でまだ「Zaif(ザイフ)」のみしか扱っておらず、他の仮想通貨取引所が扱いはじめれば一気に急騰する可能性もある。

PEPECASH(ぺぺキャッシュ)のデメリット

レアぺぺ以外で使う用途がない

基本的に、ビットコインなどと違って使える場所は基本的にありません。コインの売買はもちろんできるので必要ないかも。

取引量が少ない

現時点では取引の数も少ないため、値動きも大きくありません。

PEPECASH(ぺぺキャッシュ)を300コイン分買った。

買うにはzaifの登録が必須になります。
Zaif」は取引時の手数料も安いようで人気の取引所です。
他を使ったことが無いのでなんとも言えませんが、、、。
また、時間を見つけ他にも手を出してみたいとおもいます。

いろいろ書いてるうちに長くなっちゃいましたが、とりあえずしばらく放置してみたいと思います。
半年後に大きくヒットしてると思いながら忘れないようにしたいと思います。

最後にZaif(ザイフ)の登録について

Zaif(ザイフ) はがき
今回、Zaifの新規登録から始めたので、取引ができるまで時間がかかりました。
約1週間。購入を考えてる方は早めに登録だけでもしておくといいかもしれません。
登録は無料です。
Zaif(ザイフ):https://zaif.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る