ヤフオクで個人でのお酒(アルコール)の出品の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

家にある飲まないお酒(アルコール)をネットで売るときの注意点です。
個人で不要なお酒をヤフオクなどに出品する場合など注意が必要です。

販売できるか?できないか?

結論からいうと、継続的な販売でなければ、個人でヤフオクに出品可能です。

ヤフオクのガイドラインでは、

アルコール飲料(酒税法上の通信販売酒類小売業免許を受けた方が、酒税法などの関連法令に従って出品する場合を除きます。また、酒税法上の酒類販売業に該当しない場合を除きます)

酒税法上の酒類販売業とは

簡単にまとめると継続的に販売をすること。
※インターネット上で反復・継続して出品する場合は、酒税法上の通信販売酒類小売業に該当し、通信販売酒類小売業免許が必要となります。

上記から出品する方が自ら消費する目的で小売業者から購入したまたは他者から譲り受けた酒類のうち、家庭等で不要となったものを出品することは可能です。

詳しくはヤフオクにも記載があります。
https://guide-ec.yahoo.co.jp/notice/attention/specialty-goods-rule/50.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る